先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

A3病棟 UNs

入職1年目
A3病棟 UNs

家から離れ、社会に出て看護師として働くことが初めてであり、入職前には不安や心配なことがとてもありました。しかし、新人への教育がしっかりしており、新人研修では基礎から振り返り学ぶことが出来ました。また職場の雰囲気もよく、親切丁寧に指導して下さる先輩のお陰で、毎日沢山の事を吸収し、充実した職場環境の中で仕事することが出来ています。

D病棟 KNs

入職3年目
D病棟 KNs

入職して3年が経ち、始めは閉鎖病棟という特殊な空間に戸惑い不安もありましたが、今ではこの仕事にやりがいを感じています。昨年は学会への発表をすることができ、自分自身の看護を振り返りを行い、今後の目標を明確にすることができました。今後もより良い看護の提供を目指し努力したいと思います。

A4病棟 FNs

入職5年目
A4病棟 FNs

入職して5年目になります。急性期病棟ということもあり、日々の業務の多さに初めはついていくのも困難な状態でしたが、先輩方に支えられ、ここまで来ることができました。時には1週間の院外研修にも参加させていただいたりと、日々の慌ただしい中にも、学びを深めています。年々求められることも多くなり、少なからず自信もついてきています。

E2病棟 K主任

入職10年目
E2病棟 K主任

私は看護助手として入職し、看護学校に5年間仕事をしながら通いました。仕事と学業の両立はとても大変でしたが、働きやすい環境と優しく思いやりのある先輩方に助けられ看護師になれました。現在、医療の現場における看護師に求められるものは高いものがありますが、その中でも自分自身の心のゆとりや、患者様はじめスタッフへの思いやりが大切だと思っています。今後も精神科看護とは何かを考えながら、患者様のために頑張って行きます。

認定看護師からのメッセージ

看護部 H係長

入職15年目

病院の理解と協力を得て、2009年に精神科認定看護師(退院調整)を取得しました。 現在、医師をはじめとする多職種チームで、地域移行支援プログラムに取り組んでいます(2010年結成)。長期入院に至った患者様や御家族の思いを汲みとりながら、その人らしい地域生活の実現を目指して活動しています。プログラムを終了した方から「退院して本当に良かった。今は好きな時に好きなことができる。何かあったら病院の人に言えばよかとやろ。」と笑顔で語ってくれることが大きな喜びです。 心をもって、人権を擁護し、地域「人間愛の社会に開かれた精神医療を行う」当院の医療理念のひとつです。今後も地域につなげる看護を行っていきたいと思います。

堀川病院 看護部